このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップお知らせ> 佐野図書館 特集コーナーに「追悼『梁石日』」を追加しました

佐野図書館 特集コーナーに「追悼『梁石日』」を追加しました

追悼梁石日

作家の梁石日(やん・そぎる)さんが、令和6年6月29日永眠されました。

87歳でした。

1936年大阪市生まれ。高校卒業後、会社の経営に失敗、タクシー運転手を経て、これらの経験をもとにした小説「狂騒曲」にて1981年に作家デビュー。

この作品は1993年公開の崔洋一(さい・よういち)監督による映画「月はどっちに出ている」の原作となりました。

代表作は山本周五郎賞を受賞した「血と骨」。こちらの小説も2004年に崔洋一監督によって映画化され、日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞しています。

 

佐野図書館では、梁石日の作品を集めた追悼コーナーをカウンター前に設置しました。

初めての方も、以前読んだことがある方も、手に取って読んでみてください。

 

梁石日さんのご冥福をお祈り申し上げます。


掲載日 令和6年7月4日