ログインすると、予約ボタンが表示されます。
所蔵数:1 予約数:0
状態: 貸出可

脱原発の必然性とエネルギー転換の可能性

著者名

竹本 修三,木村 護郎クリストフ,日本クリスチャン・アカデミー関西セミナーハウス活動センター


出版者

新教出版社


出版年

2022.3


詳細情報を表示
ページ数

186p


大きさ

19cm


ISBN

4-400-40758-4

978-4-400-40758-4


副タイトル

地震国日本の現実とドイツの先例から考える


内容

「原発は、我々の社会でどういう意味を持っているのか」 地震大国日本の現実を熟知する地球物理学者・竹本修三と、ドイツのエネルギー事情を研究する木村護郎クリストフによる、2019年開催のシンポジウムの記録。

詳細情報を閉じる
所蔵館
No. 所蔵館 所蔵場所 資料番号 状態 請求記号
1
中央図書館
中央-一般室-5技術・工学,家政学・生活科学 012536728 貸出可 543 タ
所蔵館:中央図書館
貸出可
所蔵場所:中央-一般室-5技術・工学,家政学・生活科学
資料番号:012536728
請求記号:543 タ